BLOG
ブログ

レザー塗り直しⅡNo.2

福岡市中央区で高級品・ブランド品の洋服お直し・リフォーム、オーダースーツを手掛ける『アルテ平和工房』のパンツ担当 田口です
昨日に引き続きレザーブログを乗っ取り中!
昨日で第一工程(洗浄)が終了
本日は第二工程からのお話で〜すニコニコ
第二工程(研磨)
 

綺麗になって、乾かしたのでこれから色を塗るかな?
と思っていたら次は「特殊な液体」を塗る!
※特殊な液体
(革が剥がれかけている所を貼り付ける
接着剤の役割)
(剥がれ落ちた所と、綺麗なままの所との
段差を埋める役割)
 
液体を塗って、また乾燥させます…ドライヤー
(作業時間より乾燥する時間が長い…)
 
乾燥したら、薬剤を塗った場所を、
目の細かい紙ヤスリで研磨していきますギザギザ
※革が剥がれ落ちた所と、そうでない所の
厚みを均一にしていく作業です、
ここをしっかりしておかないと、後の色塗装時に綺麗にのらないとの事で❗️
 
「薬剤塗って、研磨」
この作業を今回は2回繰り返しました。
レザーの痛み具合によって、回数は変わるようです。
 
今回は革が薄いのでこれ以上の研磨は避けたいので、2回にしました。

昨日の写真と見比べていただくと、革の剥離具合が進みました。

 
藤原親方から、
この革の剥離は、傷んでいる所はボロボロと落ちてくる物だそうで、今の作業時にある程度落としておかないと、色を塗ってから剥がれてしまうと、折角キレイにしたのに、直ぐにダメになってしまうので、わざと剥離させて色塗りの為の準備作業完了です。
 
ここまでので合計時間「1週間」❗️
※作業時間は長くないのですが、乾燥する時間がかかります。
(パンツはタック取りなどの手の掛かるアイテムでも、いっきに作業出来るので、1日〜2日で終わる)
 
レザーの「乾かす」この工程が意外に重要でもどかし〜もやもや
 
次は、第三工程(色を塗る)になります。
 

次回土曜日のブログに続く!
 
 
 
ご相談・お見積もりは無料ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

 

良いものを永く!

それが「アルテ」の思いです。

 

アルテでは、高級品・ブランド品はもちろんのこと、パンツの裾上げ、裾直し、難易度の高いリフォーム・お直し、デニム、アウトレット品など、お直し・リフォームに関することは何でも行っておりますので、お気軽に御相談ください。

 

 

 

​​​​​

☆LINEからも予約ができます☆

友だち追加

 

 

{741129E8-8B89-4739-9E7A-DED530F80946}

 

【アルテ平和工房】 

福岡市中央区平和3丁目2-16 2F

℡ 092-791-3610

水曜定休日・営業時間 10:00 ~ 19:00

 アルテHP:http://www.arte-fukuoka.com

Facebook:https://www.facebook.com/arte.fukuoka/

  

{6CF89FB0-7B99-4579-9715-6D11F577A98F}

 


ブランド別ブログ一覧
ブログ一覧へ
Arte GROUP