BLOG
ブログ

80’sのサテンジャケット

福岡市中央区で高級品・ブランド品の洋服お直し・リフォーム、オーダースーツを手掛ける『アルテ岩田屋店』の成田です。
 
いつもご覧頂きましてありがとうございますニコニコ
 
 
今回は数年前に購入した80年代ピエールバルマンのサテンドレープジャケットのお直しをご紹介致しますキラキラ
 
 
はいそうです。。
今回もまた休みにお直しをしてましたよ。。あせる
仕事熱心と自画自賛しておきましょうかね〜〜笑得意げ
 
 
 

 

 
そんな事はさておきあせる
10代の頃から通っていた(関西出身ですほっこり)神戸にある老舗の某古着店で気に入って購入したのですが、肩と身幅が大きくて、あまり着ていなかったこちらのジャケットぐすん
 
 
またまた上野にお願いしてピン打ちして詰め寸を見てもらいましたチュー
 
肩幅-5.2cmビックリマーク
バスト-10cmビックリマーク
二の腕-2.4cmえーん
 
流石80年代物、肩の寸法がかなり大きいですアセアセ
 
今回はもの凄いサイズダウンではないものの、やはりこれだけ大きいとなかなかしっくり着れないのですよね。。。笑い泣き
 
 
では!始めます〜〜音譜
 
 
まずは、縫い目を解いて行きますビックリマーク
 
脇〜袖下が袋縫いになっていて、更に内側がロックミシンだったので、丁寧に解いて行きますウインク
 

 

 
 

次に、肩と身幅にチャコで印をつけて行きますイヒ

 
 

 

 

そして、縫い代を残して余分な布をカットしますハサミ音譜
 
 
 
 
お次はようやくミシンですラブ
身頃と袖を縫い合わせて行きます〜〜ビックリマーク
 
こちらはロックミシンでの縫い代の始末だったので、同じ仕様に処理しましたウシシ
 
 

 

 
 

その後は、脇〜袖下をカットします音譜

 

 
 
こちらは元々が袋縫いになっていましたので、同じ仕様にしました〜合格
 
 
ちなみに袋縫いはこんな感じです下差しウインク
 
 

 
縫い代の始末ですが、ロックミシン始末と比べると、とてもスッキリしてますね!
 
 

では、ビフォーアフター見てみましょうかビックリマークラブ

 
 
 

 
 
今回は着用の画像が無くて申し訳ありません。。滝汗
しかし、肩幅、身幅共に小さくなってますね!爆笑
 

 

 

袖も前よりスッキリした仕上がりになりました!照れ
 
 
これでワンピースの上にサラッと羽織ったりエプロン、はたまたTシャツとデニムに合わせてハズしで羽織ったりTシャツデニム、お蔵入りしていた一着が蘇りましたラブラブラブラブラブ
 
 
どうもしっくり来ないなぁ〜??
と思う一着をお持ちの方!!
アルテ岩田屋店にどうぞご相談にいらして下さいねニコニコ
 
 
 
ご相談・お見積もりは無料ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

 

良いものを永く!

それが「アルテ」の思いです。

 

アルテでは、高級品・ブランド品はもちろんのこと、パンツの裾上げ、裾直し、難易度の高いリフォーム・お直し、デニム、アウトレット品など、お直し・リフォームに関することは何でも行っておりますので、お気軽に御相談ください。

 

 

 

​​​​​

☆LINEからも予約ができます☆

友だち追加

 

 

{741129E8-8B89-4739-9E7A-DED530F80946}

 

【アルテ岩田屋店】 

福岡市中央区天神2丁目5-35 本館5Fビスポークサロン内

℡ 0

92-791-5653(直通)

 

 

【アルテ平和工房】 

福岡市中央区平和3丁目2-16 2F

℡ 092-791-3610

水曜定休日・営業時間 10:00 ~ 19:00

 アルテHP:http://www.arte-fukuoka.com

Facebook:https://www.facebook.com/arte.fukuoka/

  

{6CF89FB0-7B99-4579-9715-6D11F577A98F}

 


ブランド別ブログ一覧
ブログ一覧へ