BLOG
ブログ

コートの部分補正。出来ます!

福岡市中央区でお洋服のお直し・リフォーム、オーダースーツを手掛ける『アルテ平和工房』技術担当の永露です。

 

 

こんにちは!本日は!

トップ画像の通り‼︎‼︎

諦めないでください!

交換すればガラリとイメージが変わります!

 

という事で、

ダッフルコートに多いレザーや麻紐など
 
気づいたらボロボロになっていたり、
そのうち直そうと思ってもう
何年も来てないアイテム
ございませんか?
 
 
身長や体型、さらには、性別も歳も関係なくカッコよく着られるアイテムだと思います。
 とべた褒めしてますが、
 
今回ご紹介はダウンコートに付いている
フェイクレザー交換です。
 
 
早速、無駄に作業工程を事細かに!ご紹介!

解いたパーツから型紙を作っていきます。

変形等があると新しく作るパーツが綺麗に見えないので、定規を駆使して綺麗に見えるように微調節をしつつ型紙を取ります。
 

フェイクスェードは伸縮性があるので、

両面とも全面芯を貼ります。
(荒断ちしていきます。)
 
かなりしっかりしていない限りは先に印を入れ
縫い合わせて殆ど仕上げに近くなってからカットをします。

 

縫うだけではまだ柔らかかったので、
束ねた新聞紙に縫い付けてみました!
 
工業用ミシンの馬力はさすが!
 

 

やっとカットです。

型紙を置いて、ゆっくり慎重に!
 

デザインのハトメを打って。。

トントントントン ○○の2トン
カナヅチの音に合わせて脳内ミュージック
かかりますねっ。
 

本体に縫い付けて

 
 
完成です。
 
 

 

レザーではなくスェードにする事で、
シックな雰囲気になりました

 
元々フェイクレザーだったのですが、
ボロボロになるので、
本革かフェイクスェードをご提案させていただき
フェイクスェードをご選択されました。
 
フェイクスェードは比較的劣化が遅いのと、
かなり丈夫なものが多いので、見た目は本スェードより若干劣りますが、長く着ていただけると言う利点からオススメしております。
 
 
以前ご紹介しました。
 
 
もご参考になればと思います!
 
 
ご相談・お見積もりは無料ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください!!
本日も長々とブログを
お読みいただきありがとうございます😊

 

 

良いものを永く!

それが「アルテ」の思いです。

 

アルテでは、高級品・ブランド品はもちろんのこと、パンツの裾上げ、裾直し、難易度の高いリフォーム・お直し、デニム、アウトレット品など、お直し・リフォームに関することは何でも行っておりますので、お気軽に御相談ください。

 

 

 

​​​​​

☆LINEからも予約ができます☆

友だち追加

 

 

{741129E8-8B89-4739-9E7A-DED530F80946}

 

【アルテ平和工房】 

福岡市中央区平和3丁目2-16 2F

℡ 092-791-3610

水曜定休日・営業時間 10:00 ~ 19:00

 アルテHP:http://www.arte-fukuoka.com

Facebook:https://www.facebook.com/arte.fukuoka/

  

{6CF89FB0-7B99-4579-9715-6D11F577A98F}

 


ブランド別ブログ一覧
ブログ一覧へ