BLOG
ブログ

ビンテージワンピースのお直し

福岡市中央区で高級品・ブランド品の洋服お直し・リフォーム、オーダースーツを手掛ける『アルテ岩田屋店』の成田です。
はい!今回も私物のビンテージワンピースのお直しをご紹介いたしますおねがい
 
 
今回のワンピースは1940年代のアメリカのワンピースです。共布のベルトとセットアップのボレロがあり、この年代でここまで残っているのは珍しくて一目惚れして購入しました!ラブラブラブ
 
 
しかしながら、衿ぐりが大きくて胸元が気になっていたのと、ピンホールの穴あきやウエストラインが曲がっている事が気になっていましたえーん
 
 

タグも昔の雰囲気が漂っていて素敵です〜キラキラキラキラキラキラ

 
 

では、まずは衿ぐりからお直しをしていきます!爆笑

生地も糸も70年程前のものなので相当劣化しているので、一目一目、慎重に縫い解いて行きます!!

 

今回は肩から着丈を短くして衿ぐりを小さくします照れ
 
衿ぐりをひっくり返して中を見ると、、、接着芯が劣化してボロボロ!笑い泣きこれもついでに作り直しましょう〜ウインク
 

 

はい!分解しました〜〜!爆笑

 

 
 
肩線を前後共に1.5cmずつカットして、衿ぐりに伸び止めテープを貼り、前後の肩線を縫い合わせます。
その後、挟み込みパイピングをしつけで縫いつけます口笛
 

 

 
 
その後、接着芯を貼り直した見返しを衿ぐりに縫い付けて、衿ぐり完成〜!ラブ
 
タグもペラペラめくれていたので四方たたき付けでしっかり縫い付けましたウシシ

 

 
 

ビフォーアフターを見ると衿ぐりが小さくなっているのが良く分かりますね!おねがい

 
 

 
つぎはウエストラインの修正ですイヒ
平置きにするとかなり曲がってますね〜〜笑い泣き
 
 
以前の持ち主がお直しをされていたようで、縫い詰めてありましたポーンそれを一旦全て解いて、出来る限り真っ直ぐなラインにしていきますウインク
 

 

縫い込まれていた箇所は色が薄くなっていますが、ベルトを着用すればさほど気にならないかな?と思い、色よりもラインを重視しました!キラキラ

 

 

ピンホールは肩線をカットした際のハギレを使用して、裏から接着芯を貼る時に穴に同じ色がくるようにしてリペアしました爆笑
 
これで、色々と気になっていた所が直ったので気にせずガンガン着れます〜ラブラブラブ
 
 
ビンテージの服でお困りの方、一度アルテ岩田屋店の成田までご相談くださいませ!!ほっこり音譜
 
 
ご相談・お見積もりは無料ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

 

良いものを永く!

それが「アルテ」の思いです。

 

アルテでは、高級品・ブランド品はもちろんのこと、パンツの裾上げ、裾直し、難易度の高いリフォーム・お直し、デニム、アウトレット品など、お直し・リフォームに関することは何でも行っておりますので、お気軽に御相談ください。

 

 

 

​​​​​

☆LINEからも予約ができます☆

友だち追加

 

 

{741129E8-8B89-4739-9E7A-DED530F80946}

 

 

 

 

【アルテ岩田屋店】 

福岡市中央区天神2丁目5-35 本館5Fビスポークサロン内

℡ 092-791-5653(直通)

 

 

 

【アルテ平和工房】 

福岡市中央区平和3丁目2-16 2F

℡ 092-791-3610

水曜定休日・営業時間 10:00 ~ 19:00

 アルテHP:http://www.arte-fukuoka.com

Facebook:https://www.facebook.com/arte.fukuoka/

  

{6CF89FB0-7B99-4579-9715-6D11F577A98F}

 


ブランド別ブログ一覧
ブログ一覧へ